筋トレ

ケトジェニックダイエットとは

こんばんリータです。

今回は自分がこれから行っていくケトジェニックダイエットについて詳しく調べたことをまとめていきたいと思う。

ケトジェニックダイエットとは

ケトジェニックダイエットとは、食事内容を変えることで体脂肪を減らすダイエット法です。そのためには、エネルギー源を糖質からケトン体に切り替える必要があります。

一般的に、糖質(炭水化物)やタンパク質、脂質を摂取し、その中の糖質がエネルギーとして使われます。使われなかった糖質は体脂肪として蓄えられるため、糖質の摂取量を減らす方法でダイエットをしている人は少なくありません。
しかし、エネルギーとなる糖質が足りなくなると、筋肉がエネルギー源になります。筋肉が分解されると基礎代謝量も減少するため、太りやすい体質になってしまいます。
そこでおすすめするのが、ケトジェニックダイエット。
炭水化物の摂取量を極端に抑えて摂取カロリーの65%から70%を脂質から摂取する。すると、体がエネルギー源として炭水化物を使えず、代わりに体に蓄えてある脂肪を分解して使おうとする代謝状態(ケトーシス)に入る。その結果、ケトン体体質になり、筋肉量を減らさず体脂肪を燃焼させるエネルギー回路になります。
要約

エネルギー源を糖質から脂質やケトン体に変換するダイエット

それでは、お次にケトジェニックダイエットのメリット、デメリットについて説明していきたいと思います。

メリット

炭水化物をカットすることでダイエットの効果が早く出やすく、脂質はたっぷり摂れるので満足感が得られる。自炊が多くなる。自分が食べているものを意識しやすくなるのも、食生活改善のためには効果的な方法。蒸留酒なら飲める

デメリット

食費がかかる、食事が単調になる。トレーニングのテンションが上がりずらい。外食がしずらい、リバウンドがしやすい。 調味料のしばりがある、ケトン臭がする、のどが渇く、長期間のダイエットに向いてない

 

上記の情報をもとに自分は今日4月の4日から1か月間ケトジェニックダイエットをしてみようと思います。日々の体の変化をメモをとり、記事にしていきたいと思います。

 

 

ABOUT ME
chikiriita
筋トレ海外をこよなく愛する大学生 普段は筋トレとゲームしかしていません このブログでは「海外旅行留学」について発信しています。