マレーシア

マレーシア 驚き、おススメ情報 ランキング

第1位 物価

物価の安さは日本の半分から3分の2らいでとても安いです。

その中でも特に安いなと思った商品、サービスを紹介します。

1映画館

映画の値段はお菓子付きで600円で見れます。僕がみたのは天気の子で日本語音声のマレー語、英語 字幕でした。

日本アニメ映画は音声の吹き替えがされておらず日本人でも聞くことができます。

映画館の雰囲気としては、海外の方はリアクションがいいのでシアター内も少しうるさいですし、盛り上がるシーンがくると、ざわつきます。自分もとなりのマレーシアの人と話しながらみることができ、気楽に見ることができました。

2 ゲームセンター、その他

遊ぶところの1つのゲームセンター、マレーシアではゲームが25円から50円で1プレイ可能です。他にもアイ75円、ドライビングゲームは50円と日本のン2倍3倍楽しめます。

ビリヤードも4人で割ればワンプレイ50円でできとても安く友達と盛り上がれます。ボーリングも安かったです。

3 食事

ケンタッキーなどの有名チェーン店で食べましたが、だいたいセットメニューが500円以内で食べれます。日本だと4000円ぐらいしそうなレストランでも一人1500円で食べることもできましたし、物価の安さを感じました。

4 散髪屋

自分は海外の散髪を体験してきました。値段は500円ととても安く、髪形もスタイルの本から選んだどおりになっていてよかったです。僕が行った散髪屋の店員さんは、日本に行ってみたいと言っていて、日本のアニメの話などで盛り上がりました。海外ではワンパンマン、コナンは有名だそうです。

なお有名観光スポットでは、観光料金つまり、ぼったくり価格が多いので要注意です。

5 交通費

4人で友達と旅行でマレーシアにいくなら、100パーgrabタクシーを使うべきです。値段は時間帯と場所によって決まっており、3.1キロ先のところへ一人当たり100で行けたりします。7時から9時は少し値段が高く200円ぐらいで行けそれでも日本よりはるかに安いです。

電車も珍しいチケットではなくコインで改札口を通ります。値段も日本と比べかなり安くなっているので、おススメです。自分が乗ったのは無人運転の電車でした。緑色は無料で赤色は有料です。

バス バスは色によって値段が決まっています。

第二位 気候、温度

マレーシアは熱帯気候です。雨期乾季があり、ゲリラ豪雨にしばしば出会います。だいたい1時間たらずに過ぎ去っていくことが多いです。

なお、ホテルなどのエアコンはバリ寒いです。なので、マレーシア熱そうだから薄着でいいやと慢心せず、しっかりと長袖長ズボンはもっていきましょう。

第三位 楽観的なマレーシア人

マレーシアの人は楽観的な人が多く、難しい課題に出会ってもなんとかなるさと言ってきます。

実際、自分の知り合いがアレルギー症状がでたときに、何とかなるさと自分が真面目に病院を探したりしているときにふざけたりしてました(ギャグをいったりしてた(笑))。実際楽観的に考えるのも悪くないと思ったのが、マレーシアの友達がふざけるから、はりつめていた緊張が解け落ち着いて、友達の処方ができました。

ABOUT ME
chikiriita
筋トレ海外をこよなく愛する大学生 普段は筋トレとゲームしかしていません このブログでは「海外旅行留学」について発信しています。